09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

♪Brand New Day♪

~新しい日の始まり~トイプードル〝こむぎ♂”&〝あずき♀”との日々~

☆こむぎの教育係は・・・(=^・・^=)ニヤンコ ☆ 


今日は、日中暖かい~(*´ω`*)ちょい久しぶりの晴れ♪

こむぎが家のコになった時、
実は我が家には、猫が2匹いました。
かなりの老猫(あったん17歳♂ ろったん19歳♂)で
トイレとご飯の時以外は、ほぼ寝てました。
元々はお父ちゃんの猫です。

そんなのんびりしたニャン達の日常を揺るがす
突如現れた、生後2ヶ月の、こむぎ・・・
ニャン達は、かなり迷惑だったと思います(;´∀`)

mEnnDYQx.png
★ろったん★
wbCm5nCZ.png
★あったん★

でも当時お留守番の長かった、こむぎは
きっと寂しくなかったと思います。

ニャン達に、ちょっかいかけては怒られたり噛まれたり。
コレも教育!と思って、黙って見てました。
(ニャン達の爪だけ短くする事に気を付けて)
3匹で、こたつの中でバタバタしていて(こむがちょっかい)
こむが「キャーー(この時はほんとにキャーってゆったの!)
って泣きながら出てきた事も。もちろん父母爆笑(´艸`*)
あったんに鼻を噛まれてる瞬間も見た事あった(;´∀`)

忙しかった私の代わりに、ニャン達が教育をしてくれました。

DKYf9SNE.png

4yRRidcq.png
★あったんは、夏は母がバリカンでカット(;´∀`)★

2Xjk5RmO.png
★ろったんに、ひなたぼっこを教えてもらう?!★

7WJbV6iv.png

あったんが亡くなった時、お葬式前に
ろったんとこむぎにお別れをさせたのですが・・
ろったんは知らん顔してました(;´∀`)
こむぎは、あったんの周りをくるくる周って
あったんが入ってる棺を何度ものぞいてました。。
こむぎは理解してたのか、
その後はあったんを探す事はしませんでした。

そして、ろったんが休まる間もなく・・・
(ろったんも老猫だったので、ろったんが逝った後に次のコを迎えるつもりだったが)
あずが家のコに~( >д<)!
WwQfVtMK.png

tnWKlxV6.png
★なぜか ろったんが囲まれてる★

あずが来てからは、出来るだけろったんに
負担をかけないよう気をくばりました。

でも、ろったんも老衰でどんどん動けなくなって。
qk1Rksn1.png
★心配なのか、こむぎは常に近くにいた★

この頃、母(私)は仕事を辞めて家にいたので
じっくり、ろったんの看病も出来ました。

最後は、私が2階から(洗濯)降りてくると
こむぎがソワソワソワ・・・ろったんの周りをクルクル。
私が「ろったーーん」と言うと
小さなかすれた声で「はーーい」とお返事。
そのまま体をさすっていたら、どんどん冷たくなって逝きました。

もちろん悲しかったけど(お父ちゃんとわんわん泣いた)
今でも思い出すと涙が出るけど
最後を看取れてよかったと心から思いました。

わからんちんのパピーだったこむぎを
教育してくれたニャン達に感謝です。
ニャン達はわからないけど
こむぎは2ニャンが大好きでしたょ(*´▽`*)

あったん、ろったんと同じように
こむぎもあずきも大事に大事に育てて行こうと思ってます。

↓ちょっと悲しい感じの話になったけど
今日も見に来てくれてありがとうございます!↓
↓ろったんのシッポを噛んでゲージに入れられた「あず」にポチッと↓
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村
★お母ちゃんはだまされませんよっ!!★
スポンサーサイト

Posted on 2014/11/27 Thu. 17:57 [edit]

category: こむぎの事

TB: 0    CM: 0

27

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://azukomu0322.blog.fc2.com/tb.php/123-98ff8913
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list